つながりが生み出される場になれるように

Reバースの趣旨

発達途中の子どもたちとその保護者にとって必要とされる場所とは、どんなところでしょうか?
ただ見てくれるたけではなく、社会とのつながりや児童同士のつながりが生み出される場になれるように ─

私たちはそんな場所を目指して「Reバース」をつくることにしました。
子供たちが安心して遊び、成長して欲しい!
「Reバース」は、そう願う保護者にとっての止まり木となるような存在を目指しています。

子どもたちと笑顔で楽しく*感謝の気持ちを忘れずに

Reバースでは子どもたちのお世話をしてくれる仲間を募集しています。自立した生活ができるようにする訓練や、集団生活への適応訓練・創作活動・運動療育といった様々な内容のサービスを行います。
<児童指導員の一日のスケジュール>
子どもたちが施設を利用する時間帯はある程度定まっているため
日々の業務スケジュールはかなり一定です。子ども相手の仕事である分、イレギュラーな問題も発生しやすく予定が多少前後するケースも少なくありませんが、大幅に変わることはあまりありません。ここでは児童指導員の一日の流れを紹介します*
10:00 出勤・準備
送迎ルートを確認し、車を手配します。
12:00 昼食・休憩
準備を終え、午後からに備えてしっかり休憩します。
13:00 送迎
車で子どもたちを迎えにいき、教室に連れて戻ります。
15:00 遊び・療育
宿題をしたり遊んだり…全員で療育活動を行い、一緒におやつを食べます。
17:30 送迎
子どもたちを送迎ルートに沿って車に乗せ、家まで順番に送っていきます。
19:00 片付け・退勤
全員を送り届け終わったら教室に戻り、一人ひとりの活動記録や日誌をつけます。

BENEFITS

Reバースの取り組み・イベント

  • 運動療育
    運動療育
    運動や遊びを通してルールやマナーを学びます。
    子どもたちと縄跳びやストレッチ体操をして体を動かしています。
    一緒に体を動かすことで、子どもたちの仲もより深まっています。
  • 音楽療育
    音楽療育
    楽器に触れてスタッフや他の子どもたちと一緒に演奏することで、協調性や社会性を育てます。
    音楽を通して自分の気持ちを表現したり…
    楽しみながら取り組むことを第一にしています。
  • 集団生活への適応訓練
    集団生活への適応訓練
    年齢や性別に関係なく、みんなで遊んだり宿題をしたり…
    集団での生活に適応できるように様々なことを通して学んでいきます。
  • 季節の行事
    季節の行事
    季節ごとの行事もみんなで楽しく行います*
    写真は節分!豆まきをしている様子です。
    この後には玉入れも行いました。
    他にもクリスマス会を開催したりと、準備から片づけまで一緒に楽しみながら取り組みます。
  • 体験学習
    体験学習
    社会見学も兼ねた体験学習*
    写真はおたべ体験道場にお出掛けした時のものです。
    子どもたちはみんな、集中して生地作りを楽しんでいました。
    社会や児童同士のつながりを大切にしています。
  • おでかけ
    おでかけ
    月に数回、みんなでおでかけに行きます。
    写真はキッズランドに行った時のものです。
    遊具やゲームでたくさん遊びました*
    のびのびと遊んでいる子どもたちを見て、スタッフもつい笑顔に。
  • カラオケ大会
    カラオケ大会
    子どもたちはみんな歌うことが大好きです*
    なんと4時間半歌っていたことも…何時間あっても足りません!
    スタッフも一緒になって楽しみます◎

PHOTOS

Reバースの日常

COMPANY

企業情報

  • 社名(店名・施設名)
    放課後等デイサービス 児童発達支援 Reバース下鳥羽
  • 所在地
    京都市伏見区下鳥羽北ノ口町64 グランディール伏見1F
  • 電話番号
    075-574-7111
  • 営業時間(受付時間)
    (開所時間)10:00~19:00 ※日曜、お盆、年末年始休み
  • 代表者名
    代表取締役 上田 加奈子
  • 設立年度
    2015年 1月
  • ホームページURL
    https://k-rebirth.com

ACCESS

アクセスMAP

京都府京都市伏見区下鳥羽北ノ口町64 グランディール伏見1F