笑顔がたくさんある場所 「杜の郷」

あなたの笑顔が地域福祉への
最大の貢献になります。
一緒に働きませんか。

1.児童養護施設とは
児童養護施設は何らかの事情があり家庭で暮らすことができない子どもを、施設(社会的養護)が代わって養育するところです。戦後10年間は戦争で親を亡くした子どもが中心となっていましたが、現在は親の経済的事情や疾病等で家庭での生活が困難な子どもたちが生活するところに変わってきています。

2.杜の郷とは
2009年(平成21年)6月1日に開所しました。
横浜市泉区岡津町の小高い丘の上に建てられています。竹林・公園・畑などが近く、自然空間が安定と安心を与えてくれます。定員は30名で、5つの家に6人ずつの子どもと複数の担当職員が暮らしています。施設名は、杜の会事業本部がつくる子どもの故「郷」という意味を込めています。

【杜の郷 アクセス】
◆JR線『戸塚駅』・・・東口6番乗り場
弥生台駅行き(戸12.39系統)/ 三ツ境駅行き(戸13.17.19系統)
   → 西田橋経由の場合「岡津橋」下車
   → 領家谷経由の場合「領家谷」下車
◆相鉄いずみ野線 『弥生台駅』
戸塚駅東口行き(戸12.39系統)
   → 西田橋経由の場合「岡津橋」下車

「暮らし・働く・遊ぶ」が三位一体
ともに働き、仕事を通して一人ひとりの地域での暮らしを支えます。

杜の会では、個人が尊厳を持ち地域の中で自立した生活を営む為には、「暮らし・働く・遊ぶ」が三位一体になって充実することが重要だと考えています。障がいのある方の自立とは相応のサポートによって地域で暮らしていくことです。そこで私たち「SELP・杜」は知的にハンディキャップのある人たちが働く場として、仕事を通して、その人なりの自立が出来るような支援をしています。そして、作業種は「食」を中心とした自主製品を作り販売をしています。

COMPANY

企業情報

ACCESS

アクセスMAP

神奈川県横浜市泉区岡津町1343-2