ドラム缶の製缶用締付金具(バンド)の製造

あらゆるご要望に応える体制でニッチな業界のトップシェアを誇る安定企業

水上工作所は工業用容器であるドラム缶の製缶用締付金具「バンド」を制作しているメーカーです。バンドとは、天板と呼ばれるフタと本体とを密閉するためのものです。
200リットルのドラム缶や20リットルほどのペール缶などの締付金具「バンド」を中心に、ドラム缶用の天板や関連部品の設計開発から塗装・メッキまで自社で一貫生産しております。

長年の安定したお客様とのお取引による信頼関係の構築により、おかげさまで業界で高い評価を頂いております。

さらに関西・関東に拠点を持っていることにより、全国各拠点をカバーできる体制も整えております。

使用したドラム缶を再生して販売する更生缶メーカーとも取引があり、バンドに加えて天板や関連パーツを提供いたします。

2019年、西淀川区に本社工場を新設。効率化と作業環境の改善を実現

会社設立から60年を迎え、2019年には本社工場(西淀川区歌島)の新設・移転をいたしました。本社工場新設に伴い、西淀川区竹島にある旧本社工場は竹島工場となりました。
今後さらなる事業領域を拡大するために生産拠点を集約して効率化を図るとともに、快適で働きやすい作業環境の改善を実現しております。

■今後の展望
お客様のご要望は年々変化し、求められる品質レベルも高くなってきていることを日々感じております。そんな時代だからこそ、常にお客様のご要望にお応えできる技術者集団でありたいと思っております。今後は当社の生産技術と生産体制を武器に、さらに若い人のアイデアを活かし、新たな事業領域の開拓にも挑戦していきたいと考えております。

BENEFITS

関連部品&主要設備

  • 製缶用各種バンド・天地板
    製缶用各種バンド・天地板
    工業用容器であるドラム缶の部品「バンド」の制作。様々な材質、サイズの製缶関連パーツを取り揃えています。
  • MIZUKAMIバンド漂流ブイ
    MIZUKAMIバンド漂流ブイ
    「MIZUKAMIバンド」の密閉性の高さを活かし、GPSなどの機器を格納した漂流ブイに活用。
    締付金具の基本は3タイプですが、あらゆる要望にお応えできる体制を整えております。
    ボルトタイプ、内レバータイプ、外レバータイプ(ロック、ワンタッチ)
  • 製缶用関連部品
    製缶用関連部品
    ・各種缶用パッキン
    ・ボルト・ナット・ワッシャー
    ・各種封印
    ・その他
    様々な材質やサイズの製缶関連パーツを自社生産ですべて取り揃えています。
  • 竹島工場
    竹島工場
    旧本社工場(大阪市西淀川区竹島5-2-23)
    主に天板や○○の製造をしている工場です。
  • 大正第1工場
    大正第1工場
    昭和59年に大正第1工場(旧:大正工場)を新設。ペール缶用バンドを生産している工場です。
  • 吹田工場
    吹田工場
    平成28年4月より稼働。
    大阪府吹田市芳野町11-5にあり、天板の塗装をしている工場です。

PHOTOS

写真で見る水上工作所

COMPANY

企業情報

  • 社名(店名・施設名)
    株式会社水上工作所
  • 所在地
    大阪市西淀川区歌島4-8-41(本社)
  • 電話番号
    06-6475-0533
  • 代表者名
    代表取締役社長 水上 貴雅
  • 事業内容
    製缶用締輪、天地板、関連部品の設計、開発、製造
  • 設立年度
    1957年(昭和32年)
  • 資本金
    1,000万円
  • 従業員数
    59名(2019年5月末現在)
  • 売上高
    17億9,600万円(2019年3月期)

ACCESS

アクセスMAP

大阪府大阪市西淀川区歌島4-8-41(本社) 大阪市大正区北恩加島1-17-27 (大正第一工場※下記地図)